ゼブラねえさんのお悩み相談室

「そんなオトコ、けっとばしちゃいなさいよ!」

ゼブねえのお悩み相談1

「友人に、ブタって言いたいけど言えません」

ゼブラ姉さん、こんばんは。

僕には悩みがあります。僕の大切なトモダチについてです。彼はすごく優しくて仲間思いのライオン?です。でも、僕にはどうしてもライオンに見えません。正直にいうと、ブタにしか見えません。いや、きっとブタなんです。ブタそのものなんです。

でも、そのことを彼に言い出せずにいます。正直に、彼に「君はブタだ!」っていってあげるのがいいのか、これまで通りでいいのか…

ゼブラねえさん、僕はどうしたらいいのでしょうか?

A.

は~い、おこんばんは~♪

うれしいわ!ゼブラ姉さんうれしいわ!久しぶりよ~、姉さんって呼ばれたの。

最近、どいつもこいつも、ゼブラ兄さん、ゼブラ兄さんって呼ぶのよ~。ひどいときにはゼブラおじさん!って呼ばれることも…

ホントしつれいしちゃう!レディにむかっておじさんはないわ!思い出しただけで怒りの導火線に火がついちゃったみたい。ゼブラねえさん炎上しま~す!モクモク♪

 

炎上してる場合じゃない?

そうね、お悩み相談よね。

わたしだったら、「この金髪ブタ野郎」って言って蹴っ飛ばしてやるわ!

だいたいライオンのくせにブタに見えるってことは、どうせだらしない身体してるんでしょ?そんなのだめよ!男ならもっとマッチョに、肉食丸出しでいかないと!そんなライオンにだったら、ゼブラ姉さん食べられちゃってもいいわ。

おしりの肉には自信があるのよ。姉さん、じまんよ。もー、ガブッといってちょうだいガブッと。

あー!食べられたいわー!!

あれ、なんだっけ、そうそう相談よね、相談。

 

「君はブタだ!」って言ってあげるのが正しいのか、それとも「君はライオンだ!」って言ってあげるのが正しいのか…

 

このお悩み、ゼブラゾーーーーーン!!

 

難しいところね、でもよく考えてみて

あなたにとって、彼はブタなの?ライオンなの?

きっとどっちでもないはずよ。そう、おはがきにもかいてあるじゃない!

「君は僕の大切な友達だ!」

それでいいじゃない。ね。

 

あら、そろそろお別れのお時間ね。また来週まで、ゼブラゾーーーーーン!!

 

ゼブラ姉さんに、お悩みを相談したい方、どしどし、ご応募!
ゼブラ姉さんが機嫌がいいときは、ノリノリで、機嫌が悪いときはそれなりに答えてくれるよ!
お待ちしています!
お悩み相談受付

ペンネーム:フェネぞう

Q.

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。